NEWS

6月24日(金)公開の映画『ザ・ロストシティ』が、日本の公開に先駆け3月25日(金)の全米公開に向けて、ロサンゼルスでプレミアイベントが開催されました。

映画の舞台にちなんだ”南国風”のグリーンカーペット、主演のサンドラ・ブロックやダニエル・ラドクリフを始めとしたキャスト陣、さらにアダム・ニー&アーロン・ニー監督他制作陣が登場!会場にはテレビカメラや記者など総勢約50のメディアが集結、さらに会場全体ではファンなど総勢約500名が大集結し、ハリウッドの錚々たる女優たちを担当するスーパースタイリスト、エリザベス・スチュワートがElie Saab(エリー・サーブ)の最新クチュールコレクションから選びぬいた、鮮やかなピンクのオンブレ・ガウンと黒革のハイ・ブーツをまとったサンドラたちが会場に姿を現すと、今かいまかと待ちわびていたファンからの大歓声に包まれ、映画のテイストにピッタリの明るく楽しい雰囲気でイベントが進行しました。

サンドラ・ブロック:
(グリーンカーペットを見ながら)今日は緑のカーペットだったのね、気づかなかったわ(笑)。とてもワクワクしています!
ダニエル(・ラドクリフ)は非常にプロフェッショナルで、優しくて、寛大で、完璧主義。若い頃からずっと映画に出演し続けているから、あまり良くない人間になってしまう可能性だってあったかもしれないけれど、ダニエルは真逆なんです。非常に優しく、謙虚です。
日本の文化も、国としても大好きです!日本に行くといつも皆さんが親切にしてくれるので感謝しています。息子も日本に行きたがっているので、早く行けるようになればいいですね。

ダニエル・ラドクリフ:
こんにちは、日本のみなさん!ウェルカム・トゥ・『ザ・ロストシティ』!(『ザ・ロストシティ』へようこそ!)
いい気分です。ずっとこの映画についてプロモーションしてきたので、ついに世界に送り出せると思うと嬉しいです。わくわくしますね!
日本のみなさん、どうもありがとう。日本で公開したら、『ザ・ロストシティ』を楽しんでもらえることを願っています。素晴らしいアドベンチャームービーで、アクションあり、ロマンスありの作品です。そしてとても笑えます。ぜひ楽しんでくださいね!

またついにお披露目となった本作品の海外レビューも解禁され、現在(3/22 15:00時点)で米レビューサイト ロッテントマトの批評家スコアで「88%」、オーディエンススコアで「91%」と、プロの批評家からも一般の観客からも揃ってすこぶる高い評価を獲得!(https://www.rottentomatoes.com/m/the_lost_city)「この作品を見てる数時間だけはイヤな現実を忘れられる!」といった、まさに今この時に求めていた作品だったというような絶賛の声が続出しています!

日々、精力的に本作のプロモーションで姿を見せているサンドラ・ブロックが、先日のインタビュー中にしばらく俳優業から身を引くことを表明したことも非常に大きな話題となり、本作を最後に彼女の演技が暫しのあいだスクリーンで見られる無くなることもあり、全世界で日に日に本作への注目が集まっています。