NEWS

日本の公開に先駆け、3月25日(金)より全米で公開を迎えた本作は、
週末3日間(25-27日)で興行収入3,100万ドルを記録し、ド派手に初登場No.1をゲット!
これまで3週連続でNo.1をキープしていた『ザ・バットマン』を上回り、大ヒットスタートを切りました!

日々精力的に本作をプロモーションしているサンドラが先日、この作品を機にしばらく俳優業から離れることを表明したことでも非常に大きな話題となり、サンドラが本作にかける想いの強さを感じさせさらなる注目を集めていたなか、事前のスクリーニングでも絶賛の嵐が飛び交い大ヒットが期待されていましたが、その期待に応える大ヒットスタート!!
米レビューサイト ロッテントマトでは批評家スコアもオーディエンススコアも揃って高評価を獲得しており、「ひたすらに派手で楽しい1本!しっとりとした魅力だけでない、コメディエンヌとしても一級品のサンドラ・ブロックが帰ってきた!!」、「サンドラがはっちゃけ、チャニングが踊り、ダニエルが思いのままに暴れ、ブラピがクールに登場する。なんて贅沢な。ポップコーンの味付けは”『ザ・ロストシティ』味”がベスト!」、「コミック映画や、賞レース受賞作の単調さを打破するために、『ザ・ロストシティ』のような作品がもっと必要だ。」と、暗い話題の続くいまこそ必見の1本として絶賛評が殺到中です!

公開直前に行われたLAプレミアで、主演&プロデューサーであるサンドラは、「撮影2日目にして、チャニングの裸と対面しなくてはいけなかったの(笑)。ちゃんとこなしましたよ!逃げずに立ち向かい、集中して、台詞をこなし、撮影を終えた。プロですから(笑)。アクションあり、アドベンチャーあり、スケールが大きく、ロマンスやドラマもあって、深みがあるという、かつての映画です。観たくなったでしょう?チャニングのセクシーなお尻も観られます。ぜひ観に来て笑ってください。しばらく頭を空にしちゃいましょう」と茶目っ気もたっぷり交えて力を込めアピール。6月の日本公開時、全国の映画館から大きな笑いが止まらなくなる予感!

そして、サンドラ、チャニング、ダニエル、ブラピと、名実ともにトップスターであることに疑いようのない面々が集結しての華々しい大ヒットスタートとなったが、なんと信じられないことに、彼らの出演作が全米ランキング初登場No.1を飾るのはそれぞれ数年ぶりという超意外な共通点も発覚・・・!まちがいなく痛快で、名優たちの魅力を余すことなく堪能できる本作のような映画を、いかに全米が待ちわびていたかを物語っており、日本への上陸がますます待ちきれなくなる結果となりました!